2017年1月5日木曜日

メスばかり産む

昨日、mt DNAに目処がついた(気がしたので)、核もいっきに実験してしまう。

その後、修論論文化に向けた標本整理をして午前中が終了。

午後、昨夜PCRしておいたサンプルと午前中にPCRをしたサンプルの泳動。mt DNAは過半数は綺麗に読めた程度か。明らかに複数のバンドが見えているものもある。

核は論文のアニーリング温度で試したら成功率が半分ぐらいに下がってしまった。どうしたものか。

とりあえず、綺麗にバンドが見えたサンプルだけでも明日、シーケンスに出してしまおう。

環境調査の報告書作成、卒論添削をしてから、切羽詰まってきた来週のダンゴムシ話の準備。

ヨーロッパでは、ワラジムシ類の研究といえば、ボルバキアによる性転換といっても良いほどである。実は、1955年に徳島大学の下泉先生により、高知市のホソワラジムシがメスばかり産むことが指摘されていた。飼育・交配実験により単為生殖ではなく、遺伝形質であることも指摘されている。

Studies on the sexuality of the land isopod, Metoponorthus pruinosus. IV. "Female-breeder"
Shimoizumi (1955) Journal of Gakugei, Tokushima University, 4: 1–10.

来週、使おう。


紀要に発表されたせいか、ほとんど引用されることはないが、貴重な論文だと思っている。どうにかこれを引用する論文を発表したい。

2 件のコメント:

  1. ご無沙汰しております。明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。この成果は知っていますが、本当に一種だけなのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. こちらこそ宜しくお願い致します。そして、コメントありがとうございます。
      何とも言えませんが、以下を考えると「1種の可能性が高い」と思います。
      1)本種は外来種で日本には近縁種が生息しておらず、また、背面に粉を吹いたような特徴的な形態を持つため、慣れれば在来種とは容易に区別がつく。
      2)ヨーロッパでの繁殖実験から本種を複数に分けるという分類学的意見がありますが(Lefebvre and Marcade, 2005, Crustaceana)、日本では外来種であるため1地点にその複数種が存在している可能性は低いと考えられる。

      削除