2015年12月10日木曜日

すぐに断つ

どんどん忙しくなっていく、、、ここ数日、何をしたのか覚えていない。

とりあえず、今日の記録だけでも、、、GISの勉強、卒論の中間報告、学会編集業務、メールのやり取り、DNA抽出、PCR、授業の準備、あとは、、、

あと来週、中学に授業に行くことが決定したので、その準備も少しだけ。

特定外来生物の根絶に成功したとのこと。特定外来生物法が施行されて以来、初めての成功らしい。


外来生物に関して、ネットなどでしばしば、簡単に駆除できるが助成金をもらうためにわざと駆除しない、何てことが書かれているが、当たり前だが、そんなことはない。

ある程度増えてしまった外来種を駆除するのは絶望的に難しいのである。例えば、良い駆除方法が確立されたとしても、その効果で個体数が少なくなると駆除効率が落ちてしまうだろう。

他には、強力な駆除方法が開発されても、それにより他の在来生物に悪影響が出ては意味がない。

ということで、条件によっては根絶を諦めて、影響が出ない程度の個体数密度にコントロールする、という現実的路線も検討されるのである。

今回の例は、個体数が少ないうちに早急に対応したのが功を制したのだろう。まずは、持ち込まない、もし、持ち込んでしまったのであれば、すぐに断つ。この徹底が重要だろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿