2014年9月4日木曜日

宮古島3日目(多良間島)

諦めてはいけない、と学んだ一日。

一昨日、昨日の調査が順調に進んだので、今日は、多良間島に足を伸ばすことにした。

行けるかどうか分からなかったので、飛行機のチケットを予約しておらず、昨日、空港に行ったら、帰りの便に空席がない、と。しょうがないので、1日1往復しかないフェリーで行くことに。おかげで、2時間移動、3時間滞在、2時間移動という、効率の悪い行程となった。


人生2度目の多良間島。前回は、西表島に住んでいる頃にBurmoniscus採集に来たが、今回は、サソリモドキを狙う。恩師に昔採集した場所を聞いていたので、早速に向かうことに、、、ここで大きな問題が。

地図で見ると結構近いはずなのだが、30分ほど歩いても着かない。ん?と思い、方位磁石を出すと、、、南に見えるはずの海が、北に見える。どうやらフェリーの港を勘違いしたらしい。3時間しか滞在時間がないのに、、、移動手段は徒歩なので、もう行くのは無理だろうと諦める。

仕方ないので周辺を調べることに。炎天下、アスファルトを歩いて、めぼしい場所を見つけては、石をひっくり返すこと2時間30分、、、13:30になってしまった。結構頑張って探したのだが、サソリモドキを見つけることができない。

港の勘違いを後悔しつつ、フェリーの出発が14時なので、諦めて戻ろうかと思った瞬間、林縁の一部に開けている箇所を発見。

最後に5分間だけあそこを見てみよう、と思い、石をひっくり返した瞬間、、、


最後の最後で発見。大急ぎでフェリーに戻り、ギリギリ間に合った。

綺麗な空と海を眺めながら諦めちゃいかんな、と充実感たっぷり復路となった。来年の1月に伊良部島と宮古島が橋で繋がるだとか。


明日の夕方、石垣に移動の予定。

0 件のコメント:

コメントを投稿