2014年1月31日金曜日

白体

気持ちの焦りと行動が噛み合ない一日だった。

朝一でシークエンスに出してしまおうと準備を始めるが、、、シークエンスPrimerが足りないことが判明。急遽、発注して、今日はシークエンスに出すことを諦めるハメに。

先日の中学校での授業の報告書の提出締切が本日なので、やっと書き始める。A4で4枚以上という決まりなので、すぐに終わるだろうと思っていたが、昨年も同じ内容の授業を他の中学校で行っており、どうしてもその報告書と同じ文章になってしまう。

色々と試行錯誤を繰り返した結果、午後までかかってやっと終了。

来週、手続きが必要となる書類の準備をしたり、強制拘束されたりしているうちに夕方になってしまった。さすがにこんな時間の過ごし方に嫌気がさし、先日、送られてきた千葉の標本観察とか、生態学会用のコシビロの解剖を進めて終了。

ワラジムシ類は腹面の偽気管と呼ばれる気管で呼吸を行う。生存中は白色に見えるので白体と呼ばれることもがあるが、これが2対見られる種は外来種である可能性が高い。下の写真は関東における代表的な外来種ワラジムシ (Porcellio scaber) の白体。

0 件のコメント:

コメントを投稿