2013年5月30日木曜日

手つかず

大会の後片付けも、残すは記念写真の発送と会計報告。朝から封筒に厚紙と写真を入れるという地味な作業を行う。


大学院授業をして、教育実習に行ってしまった学生の卒論フィールドの草刈り。汗だくになった。

午後に1時間ほど会議をした後、サソリモドキの標本整理と予算書類書きをして、横浜コシビロの解剖。

個体数はかなり多いが、恐らく、1種なので全標本の解剖は(とりあえず)諦めることに、、、和歌山屋久島奄美台湾、そして、先日もらった茨城と千葉の標本がまだ手つかずで残っているので。

コシビロよりも台湾のBurmoniscusが面白そうなんだけど、、、どれから始めようか。

0 件のコメント:

コメントを投稿