2013年2月5日火曜日

2日目の思い出

修論読み、授業、授業の準備、修論読み、な一日。

台湾2日目の思い出。

台湾2日目は、台北市の隣、基隆の町に行くことに。地下鉄と違って、紙製の切符で電車にのる。自動改札機は、日本のと同じかも。


基隆は国際船も入港する港町。


海外からの移動が盛んな場所なので、このような場所には広域分布種が入りやすいだろう、と狙ったのだが、花壇の中で見事に広域のコシビロを発見。

多分、沖縄島の那覇とか、石垣島や宮古島の空港で採取した種と同じだと思う。これは、名前がつきそう。


オカダンゴムシのイメージを持ったままワラジムシ類の採集を行うと、「ワラジムシ類ってあまりいないな」とすぐに思ってしまう。コシビロって、結構、小さいんです。これで成体。


と、ま〜普段、こんな研究をしている私ですが、来月、話をしますので、近くに住んでて、暇な人は聞きにきて下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿