2012年12月8日土曜日

潮間帯性

昨日、設置して帰ったPCR産物を電気泳動で流してみる。COI、16S、12S、全てでバンドが綺麗に!未だに投稿できていないBurmoniscus論文第2段に使うデータと先日の神戸サンプル

溜めたメールを処理。来年の8月に中学校の先生向けの講義をすることに。遥か先なので、直前になってバタバタする作戦に。

で、卒論原稿を読んだり、文献整理したりしてたら、ふっと、ササラダニのSEMを、撮影しよう、としてしていないことを思い出した。

Arotrobates granulatus。潮間帯性で、日本では沖縄からのみ報告されている。

Fortuynia elamellata。日本で最初に見つかった潮間帯性の種。これまでは愛媛からしか報告が無かったけど、、、。

Thalassozetes shimojanai。沖縄の潮間帯で発見し、私と青木先生で新属新種として記載した種。属は変更になり、設立した属は、今は無効となっている。

合間にワラジムシ修論のPCRの結果を聞いてみるが、やはりダメだった。もう少し試行錯誤が続く。

0 件のコメント:

コメントを投稿