2012年5月31日木曜日

アカタテハ終齢

Burmoniscus論文第2段を進める。図の細かいとこを修正してみたり。

ちょっとだけ厄介書類。午後1時間30分ほど会議。ナカナカ平和な一日だった。

アカタテハフクラスズメ?の終齢幼虫を発見。葉っぱを少し揺すると、体を反り返して、自ら揺れる。耐捕食行動なのか?


アカタテハの近くにオカダンゴムシもいた。糞もあるので、どうやら生葉を食べているらしい。生葉を消化できる能力はあるわけだな。なぜ、落葉を食べるのかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿