2012年3月8日木曜日

やはり

3時間ほど会議にトラップ。あとは、卒論データを生態学会で使えるように整理、、、が終わらず。

とりあえず、明日中に系統樹までは終わりにしておかないとマズい。

結構、珍しいササラダニ類、Cosmopirnodus属の一種。世界中のササラダニ類の研究者でもあまりみたことはないのでは?

真の樹上生活性で、世界で3種が知られている。日本には、1種、C. angulatusが報告されている。神奈川県の小学校の屋上に設置していた水盤トラップで捕獲されたそうだ。つまり、空を飛んでいた、ということ。実際は、風で飛ばされたんだろうけど。


日本の種とは異なることはすぐに分かったが、海外の種との比較をしようと思いつつ、、、やはり放置。

この種、ササラダニ類としては珍しく、性的二型がみられる。ササラダニ類の性的二型は樹上性の種で多くみられ、これらの種は土壌性とは異なる繁殖様式を持っているんだろうと思われているが、全く分かっていない。これはチャンと調べたら絶対に面白いんだけど、、、。

0 件のコメント:

コメントを投稿