2011年5月7日土曜日

雌雄差

雌雄差の言葉の定義で、生物学事典と生態学事典で若干の違いがあることが判明。生物学事典では、一次性徴は生殖腺のみで、外部生殖器などは二次性徴となっている。生態学事典では、外部生殖器も一次性徴に含んでいる。私は、生態学事典の定義を使っていた。混乱するとマズいので、発表のときも少し触れる。


スライドがどうにか完成。あとは、余裕があれば、無駄な写真を入れていくが、、、。


せっかくなので、地理分布も触れてみる。余計に分かりにくくなりそうだけど。


明日からは、青色ダンゴムシ。そして、スロヴェニア版も、、、。

0 件のコメント:

コメントを投稿